リリアーネ☆娘のすきな本。

今!むすめが夢中なのは、『リリアーネ 動物の言葉がわかる少女』
ドイツ人児童文学作家の作品。
Tanya Stewner
シリーズでは1-8まであります。日本語ばんもでていて。それも並行して読んでいます。
f0174549_83168.jpg

日本語のは同じ小4のお友達のあいだでも回し読みしているくらい、今小4女子には人気。
娘っ子は、ドイツ語のほうも日本語のほうもたのしいという。はやく8巻までそろえたいそうだ。
f0174549_833961.jpg

ちなみに、娘がドイツ語の絵本をよんでいるというのがまわっているようですが。娘は絵本ではなく、ドイツ人の小4が読む同じレベルのドイツ語の本を読んでいます。
娘の維持イコール意地と努力です。 そうそう簡単には、言語の保持はできません。
娘はただただ、ドイツのお友達と同じでありたいという気持ちがあります。
だから、それは、親の私がサポートしてあげたいと思うのです。 
[PR]
by eintropfen | 2013-04-28 08:36 | 子供のこと