<   2012年 05月 ( 29 )   > この月の画像一覧

Foire du Trone☆移動遊園地

957年から始まり、1960年代から今のルリーに移って、今年で開催1055回目という歴史ある移動遊園地『フォワ・デュ・トローヌ』
約350のアトラクションが楽しめる。入場無料。6月3日まで開催中。12-24H
f0174549_645124.jpg

移動遊園地、ドイツのビール祭りに来ている感じのものとほとんど同じ。
この伸びてる
ピンクのもの!
f0174549_673792.jpg

飴。 いろんな味があって、2種類選べるらしい。でも歯に悪そう。
f0174549_68353.jpg

娘っ子は、この球にはいりたいというので、5ユーロでやってみた。意外に長くいれて楽しめたらしい。しかも暑いらしいよ、中は。これはドイツになかったアトラクションだよ。
f0174549_6111149.jpg

おなかもすいて、チュロスを堪能。4ユーロ12本。その場で機械からだして、揚げてくれた!できたてがいただけました。おいしい~。
f0174549_6121456.jpg

しかし、ゲームでこのぬいぐるみはないよね~ 
f0174549_613433.jpg

これから、まだまだ移動遊園地くるかな? またいけるといいね。
[PR]
by eintropfen | 2012-05-28 05:58 | 遊園地・動物園

BBQ

日曜日お天気がよかったので、お友達家族とBBQへ近場のBBQ場へ。
めちゃ混んでいた。
f0174549_6193273.jpg

DJみたいのがいて・・・・ついでにおどっていた。日本じゃあありえないね。
f0174549_6203375.jpg

焼きおにぎりとかして、完全日本的な香り?も拒否されることもなく。おいしく頂きました。
子供たちは、とても楽しく過ごせたようで。
f0174549_6212957.jpg

自宅へ帰ってぐっすり寝てくれました。
次回はいつBBQできるかな。
[PR]
by eintropfen | 2012-05-27 14:17 | 子供のこと

とりさん。

f0174549_647895.jpg

とりのえさをつけるおうち型のは、ドイツのときに娘っこが作成したもの。
これにえさを1年前からつけて、ベランダにかけておきました。
1年たって、ようやく、鳥たちがきてくれるようになりました。
うまく写真が撮れません。鳥たちとるのって難しいね。
f0174549_6483062.jpg

この頃は3羽くらいいっぺんにきてくれちゃったりして。それをみるのが日課になってきています。
[PR]
by eintropfen | 2012-05-26 06:51 | 製品・商品

f0174549_7234065.jpg

アメリカの友達に、あひるのおむつのゴミ袋のストックがなくなったので、買っておくってもらいました。あひるのは、娘っ子のときから愛用でして。友達が今回フランスまで送ってくれた。
彼女は、いつも私が困っているとき、なにも言わずに手を差し伸べてくれて。 アメリカ横断も彼女とした。私は、いつもどこかで、誰かから助けてもらい、助けてもらった人には何もできてない。何もしなくていいといわれる。
だた、もし、周りで困った人がいたら、助けてあげること。それが恩返しだと・・・彼女もほかのひとも口をそろえて言ってくれた。

そういう人たちに感謝の気持ちをなにかの形で表したいとおもうのにね。
本当にありがたい、すてきな人たちにあえるってことは人生のなかでラッキーなことだと、強く思う今日この頃。
f0174549_7243094.jpg

そして、そのアメリカの友達は、私のすきだった、ハーシーズのチョコまで覚えていてくれておくってくれて。誕生日でもないのに、大好きなレシピの本まで送ってくれた。
本当にありがとう。
落ち込んだりくじけそうになったときに、レシピをひらいて!あまい~ものでも作ろうかな。
[PR]
by eintropfen | 2012-05-24 07:22 | 製品・商品

モンブラン☆Kaffeehaus

f0174549_6395624.jpg

見ての通り、ドイツの食べ物をうっているらしい。いったことがまたありませんが、ソーセージとかもドイツから来ているそうなんで、いつか行ってみた。
で、ここのモンブランがおいしいといううわさはきいていましたが!
ついに、というか、はい、また頂き物です。
こちら~
ど~ん
f0174549_6413196.jpg

モンブラン。
すごい大きさでしょ?
でも、あまったるくないので、おいしい!
またまた幸せになっちゃいました。
[PR]
by eintropfen | 2012-05-23 06:44 | 食べ物

人生初のジャンポールエヴァンのチョコをいただきました。
f0174549_6321641.jpg

スーパーのチョコとは違う、ショコラティエのチョコ。一度ここのチョコをサロンドショコラで試食しただけ・・・・の私。
f0174549_6325283.jpg

こんな宝石箱みたいな・・・チョコ。食べれない~!!
もちろん食べました。めちゃめちゃとろけますね。おいしい。いや~なことを忘れさせてくれる一瞬。幸せになれる瞬間。
しかし!日本で買うと1つ300円以上。これまたすごいお値段ですね。
[PR]
by eintropfen | 2012-05-22 06:30 | 食べ物

Dijonのおまけ。

ディジョンは、カシスのリキュールの発祥の地でもあるということで。
カシスのゼリー。
f0174549_6432948.jpg

カシスのリキュール。
f0174549_6434613.jpg

チーズとワインの分布がわかるキッチンタオル。
f0174549_6444636.jpg

ちゃんと MADE IN FRANCE となっていた。でも、なんで英語表記かな? 
これはお土産にもなるね。それか額にいれて飾ろうかね。
[PR]
by eintropfen | 2012-05-21 06:37 | フランス ブルゴーニュ地方

最後の目的地。
世界遺産でもある!
フォントネー修道院はブルゴーニュ地方コート=ドール県モンバール市内にある修道院。サン=ベルナール渓谷とフォントネー川の合流点にあたる森の中で静かにたたずむ最古のシトー会修道院で、外観・内装とも華美な装飾性を一切排している
f0174549_16514142.jpg

本当に静かな森の中にひっそりとあって、過ごしやすい場所。気持ちがいい場所。
f0174549_16515927.jpg

こんな静かなところで、生活していたら、日ごろの雑念が消えちゃうね。
f0174549_16522376.jpg

とても広々としていて、とてもきれいな庭もあって、水が豊富な庭。水車もまわってました。
f0174549_16523917.jpg

入場料を払う時に、ナショナリティーを聞かれるとその母国語のガイドをもらえます。
日曜も公開しています。
[PR]
by eintropfen | 2012-05-20 16:44 | フランス ブルゴーニュ地方

今日はもう自宅へかえります。まだまだいきたいとこがあるのですが。
帰り道に、中世の街なみがまだ残る、スミュール・アンオーソワへ。
f0174549_6413330.jpg

写真をとりたくなるような風景ばかり。
f0174549_6525212.jpg

小さなケーキ屋さんもあった。2軒ほど。おいしそうでした。
f0174549_653517.jpg

こちらのノートラダム教会は、11世紀に建てらて、13-14世紀にたてなおされた。
f0174549_6541626.jpg

ステンドグラスがとてもすてきでした。
f0174549_6545573.jpg

観光客はあまりいないようでした。でも、絵ハガキがうっていたので、購入してランチを食べながら書きました。
f0174549_6553044.jpg

レストランの名前は忘れましたが、街中心で、水色のケーキ屋さんの近くのコーナーにあるCAFEで、目的のものを発見。
f0174549_6554640.jpg

ブルゴーニュ名物、ブッフ・ブルギニョン(牛肉のワイン煮)
f0174549_656422.jpg

これがおいしい。やわらかくて。家族みんなでガツガツいっちゃいました。
お値段もリーズナブル。 
[PR]
by eintropfen | 2012-05-20 06:33 | フランス ブルゴーニュ地方

Dijon☆ディジョン

f0174549_611582.jpg

ディジョンについたので、とりあえず、目指すは、マイユ、マスタードのお店。
f0174549_6359.jpg

シャルドネがはいった、粒マスタードがおいしかったので、ディジョンオリジナルとともに購入。このたびの1つの目的完了。
f0174549_645293.jpg

街の中心地は観光客と地元の人とで入り乱れていた感じ。かわいいお店もちらほら。
f0174549_675268.jpg

次に、ノートラダム教会へいって、『幸福のフクロウ』を左手でさわらるという目的。
しかし、この教会、ゴブリン(教会のこれって、ゴブリン??じゃなくてなんていう名称なのかしら?)とにかく、めちゃ多い気がするのは私だけ?
f0174549_695673.jpg

フクロウ、多くの人に触られて、フクロウ・・・・ではなくなっている。おまけにこのフクロウの前には、物乞い。幸せになれるのか?この物乞いもフクロウさわれば?いいのでは?
f0174549_6112359.jpg

夕飯は、もちろん、エスカルゴ~。ブルゴーニュといえば、エスカルゴだそうで。
f0174549_6125376.jpg

レストランは教会の近くの市場のほうにあるレストラン。市場を囲んでレストランがいっぱいあります。
f0174549_6142711.jpg

私たちは、ここのレストラン。お店の人は、英語も堪能で、親切でした。
名物のキールのカシスもいただいて、おなかも心も満足。
[PR]
by eintropfen | 2012-05-19 16:57 | フランス ブルゴーニュ地方