息子の三輪車☆。

本日、めでたく、息子君が三輪車をGET.
トイザラスに、閉店ぎりぎりにかけこみました。なんせ、公園で遊びたいと姉さん大騒ぎで。
お店が日曜にあいてることが奇跡。ドイツではありえなかったので。
f0174549_5593535.jpg

息子君、かなり興奮で、組み立て中も待ちきれない様子。
f0174549_6582363.jpg

足が届く予定でしたが、サイズ大き目かってしまったので、足届かず。
しかし!この三輪車、すごいのは、車輪の部分でペダルをとめることができて、足おきばになる仕組み。
f0174549_6594649.jpg

椅子の場所も調整可能。
いまどきの三輪車ってすごい。
[PR]
by eintropfen | 2011-08-28 05:34 | 子供のこと

トワリー動物園。

トワリー動物公園 THOIRY
パリの西約45キロ。車で入園するサファリパーク。約800頭の動物がが自然の中で自由に生活している。車がないとサファリ部分の見学は難しいが、徒歩で散策できるパークもある。また、美しい古城もあるので、合わせて見学したい。

住所 Parc et Chateau de Thoiry BP9 78770 Thoiry en Yvelines
URL www.zoo-thoiry.com


なんと、うちから15分なので、いってみることにしました。
f0174549_724112.jpg

本当、サファリパーク。
f0174549_72638.jpg

普通の動物園にいる動物よりは、のびのびしてるんだろうね。
f0174549_727920.jpg

しまうまさんは、とてもひとなつこい。娘、びびりまくり。息子は興味津津。あまり近づかれると確かに怖いね。
そして、徒歩の動物園では、とらのえづけをみたよ。その前に、やぎとたわむれてみた。
f0174549_7282922.jpg

とらのえずけは、結構迫力あり。
f0174549_7294575.jpg

とにかく広い。動物もいろいろな展示方法がしてあるし、途中遊べる場所もあり、子供がとても楽しめる場所。
トワリー城というお城もあるんだ。
トワリー城
パリから北西に40kmのイヴリンヌ県にあるトワリー城。非常に凝った装飾が印象的なルネッサンス様式の城館は、その神秘的な雰囲気から大変貴重な歴史的建造物として今では世界的に知られています。トワリー城がこれほど知られる所以は、その庭園にもあるでしょう。庭園の美しさを世界的なものにしているのが、太陽光と城と庭園が一体となって作り出す巨大な「太陽暦」。夏至や冬至の日には城がまさに中心に位置し、日没時には城前の広がるフランス式庭園にすばらしい影を作り出します

(ネット調べ)
チケットでここのお城も見学できるので見学したよ。
年間パス買えばよかった。来年買おうかな。
[PR]
by eintropfen | 2011-08-27 07:20 | 遊園地・動物園

感動したこと。

実は、娘っ子!23日ディズニーディナーショーへお友達といってきました。そして、帰りが遅いのでそのままお友達のお宅へ泊ることに。
1泊の予定が、3泊もしてしまいました。本当いろいろ経験できないことをさせていただき、感謝感謝。娘は楽しくてまだまだお泊りしたかったようですが。また今度ってことで。

娘には、おこづかいを渡しておきました。ほかのお友達は親も同伴、きっとなにか買ってもらうかもしれないのに、娘だけ何も買えないのもかわいそうだし。社会勉強にもなるし、さんすうのお勉強にもなるよね。値段をちゃんとみて、買えるのかどうか計算して買いなさいよって。

すると、帰宅した娘。
くるくるしたストローがほしかったの。ずっと・・・・・

f0174549_7121130.jpg

はい、これです。しかも、2本。1本はミッキーのは弟にお土産だっていうんです。
f0174549_7131529.jpg

感動。娘、弟のことまで考えてお土産を買えるようになったんだね。
馬鹿親かもしれないけど、これは本当感動した。
[PR]
by eintropfen | 2011-08-27 07:02 | 子供のこと

ストール☆Epice。

「EPICE」(エピス)は、1999年にデンマーク出身のデザイナー、ベス・ニールゼンとジャン・マッケンハワーがフランスで立ち上げたブランドです。

ベスは、インドのテキスタイルのスペシャリストとして20年のキャリアを持ち、国際的なテキスタイルの世界でよく知られる存在で、ジャンはクチュールのデザイナーであり、コペンハーゲンの限られた店で扱われている「ZONE 1」と名づけられた 自身のラインで成功を収めています。

もともとクチュールデザイナーや織物のプロの2人なので、epiceのストールは、他にない独特のデザインだけでなく、リネンなどの生地の感触にもこだわって作られている高品質なストールとしても有名です
。(ネット調べ)

お店は、パリの1店舗のみ、あとはセレクトショップ扱いなので、パリのお店にいってみてきて~と妹より任命?されていってきました。

すてきな店構え。(写真撮るの忘れた)

ストールも箱にはいっていて、お店のひとに、イメージや色をいうと出してくれる仕組み。

f0174549_16121793.jpg


妹と母(妹からのクリスマスプレゼント)を購入したら、こんな感じにラッピング。

すてきすぎ。自分のもいつか買いに来よう。

お店のHP→こちら
The boutique is open tuesday thru saturday, 10.30am to 7.30pm.

27, 28 Galerie de Montpensier.
75001 Paris
[PR]
by eintropfen | 2011-08-25 15:42 | 製品・商品

パリ市内にある、レペットのアウトレットへいってみました。 お値段安い、でも、サイズと気にいったものがなくてなにも購入せず。しかし、たまにチェックしておきたいお店だね。掘り出し物に出会えそう。
f0174549_15402946.jpg

24 Rue de Chateaudum
75009 Paris
M12 Notre-Dame de Lorette
[PR]
by eintropfen | 2011-08-24 15:37 | 製品・商品

最終日。

今日でクレタともお別れ。帰りたくない病の娘。空港へいくぎりぎりまで、ホテルのプールで遊ぶことにしました。
f0174549_18382917.jpg

f0174549_18395916.jpg

無事に、空港につきましたが。なぜか、空港の掲示板には、私たちののるはずの飛行機にDELAYと明記。2時間前にすでに遅れてるって表示はなんなのかわからない・・・
とおもったら、出発時刻近くになり、飛行機パリからまだ来ませんとのこと。
待つこと3時間、ようやく飛行機がきて無事パリへ。でも、機長が、シャルルド空港へいきますという。
あれ?
うちは、オルリーで予約したのに?
すると、オルリーは24時間空港でないので、すでに閉まってるので、シャルルドからオルリーへバスをだすのでそれで帰ってと。
パリへついたのは、朝2時半、アパートへついたのは、4時半。
とりあえず、無事帰宅できたのでよしとしよう。
[PR]
by eintropfen | 2011-08-15 18:32 | 旅行☆クレタ島

アリアドネの糸。

f0174549_17421583.jpg

クノッソス宮殿に、バスでゆられること3時間半つきました。
f0174549_1747116.jpg

娘はカメラで写真をとるので夢中。息子は、階段とかのぼったりあがったりと大活躍。
クノッソス宮殿の神話をまえもって、聞いていた娘は、とても楽しかったらしい。
遺跡のあとは、ヘラクリオンの街で休憩。都会だ~ぁ。
f0174549_1895516.jpg

でも、海が青い。
f0174549_18215814.jpg

そして、アメリカのアイス屋さんで、アイスを食べたいという娘。おいしかった~と満足してくれました。
アメリカのアイスがここクレタに出店してることが不思議。
f0174549_1824477.jpg

そして、もう一つの休憩先、オリーブオイル工場へ。オイルの試食をしてから、ここでオイルを購入。
本当、クレタにはオリーブの木だらけっていっていいくらい。オリーブオイルで有名なだけあるなぁって思いました。

予定通り、18時半にホテルへ帰り、そして、またプールで遊びました。
[PR]
by eintropfen | 2011-08-14 17:39 | 旅行☆クレタ島

サントリーニ島。

f0174549_1734155.jpg

本日は、フェリーで2時間半かけて、レシムノからサントリーニ島へ。青と白のコントラストできれいな島。しかし、ものすごい観光地、ものすごい人たち。おまけに物価も高い。
日帰り旅行で十分な島。
お土産やさんには注意。商品の値段がお店によって違う。それから、店の前にたってる地元?の人間にも注意。肌を触ってくる!気持ち悪い人間がいるので注意。
[PR]
by eintropfen | 2011-08-13 17:24 | 旅行☆クレタ島

クレタ島☆5日目。

本日はホテルでまったりというか、ひたすらプール。
f0174549_16203691.jpg

f0174549_172544.jpg

夏満喫。
[PR]
by eintropfen | 2011-08-12 16:16 | 旅行☆クレタ島

ハニア☆Hania

今日は、少し曇りなので、ホテルを飛び出して、バスでハニアの中心地へいってみました。
バスは15分おきにきていて、大人一人1.50ユーロ(片道)、運転手さんから切符買えます。
ハニアは、イラクリオンに次ぐクレタ島第二の都市。ベネチア時代の面影をいまだに残すすてきな街です。
f0174549_16112563.jpg

とりあえず、レストランとお土産屋さんが並んでいます。どこにはいっていいものかわからないくらい。
f0174549_16131467.jpg

そして、足元注意です。波が街までくるんです。波がお店の中までくることも・・・・地盤沈下?
クレタ島4日目、おなかがいっぱいになったので、ホテルへもどり、プールでまた遅くまで遊びました。
[PR]
by eintropfen | 2011-08-11 16:05 | 旅行☆クレタ島