メイドインフランス☆時計。

Un Jour un sac (バック)は Made in France 近頃、Made in France .を意識。
周りのひとのものをみては、それどこの~と聞いておしえてもらっています。
近頃気になっている・・・
『Obrey』
ママ友たちがしていて、すごくすてきにみえる。
Obrey オブレイは1951年にEmile Obrey(エミール オブレイ)によって、パリのトロンシェ通りに創られました。そして1960年代、彼の新しい試みによって、いままでに誰も目にしたことがないような腕時計が誕生したのです。

純銀の塊から手作りされる存在感と丸みのあるボディ、そして時を示す二本の針のみの(秒針のない)文字盤という特徴によって、またたく間に世に知れ渡って行ったのです。

f0174549_721292.jpg

フェイスの形を選択、アラビア文字かローマ数字 フェイスの色も
f0174549_7215769.jpg

ベルトは35色から。 チャームもつけられます。
ハンドメイドとマシーンメイドも選べます。ハンドメイドは年間2000本しか製作できない貴重なものだそうです。ハンドメイドは、950から マシーンメイドは、450ユーロくらい?
せっかく、フランスにいるので、このすてきなかわいらしい時計、いつかほしいなぁ。
ちなみに、フランスでソルドの時期の早い時期に10-15日間、15%OFFをしてるそうです。

Obrey
13/15 rue Trochet
Paris
メトロ 8 / 12 Madeleine
開店 11時から11時半の間にOPEN 
f0174549_7435235.jpg

日本人のかたがいるので、言葉の問題なしだそうです。

そして、次に気になる時計が
『Bonbon Watch』
ここの時計、かなりの私の周りの人がしています。アクセサリーも。
こちらも、メイドインフランス
f0174549_7365412.jpg

ボンボンとは、フランス語で”キャンディー”の意味。文字通り女性らしい丸みのあるフォルムがその特徴です。
女性社長兼デザイナーのアレクサンドラ・ピザールのクリエイティブなアイディアが凝縮され、カラフルでファンタジックなデザイン。
スワロフスキー社のストーンを使用し、パリで職人が一つ一つ手作りで仕上げており、機械ではできない高級感のある仕上りに。
周りのベゼル部分は、硬質のアクリルから出来ているため、超軽量なのも
ボンボンウォッチならではです。
ムーブメントはスイス社製の高品質を誇っております。
時計の風防に使用されている主要素材のプレキシグラス(安全ガラス)は、色に透明感、深み、明るさを与え、発色に優れています。

f0174549_7394178.jpg

日本だと、4-5万するけど、フランスだと、100-200ユーロだと聞きました。
f0174549_7405066.jpg

お店はシャンゼリーゼとオペラにあって、2店舗で同じものがおいてないので、両方みたほうがいいとか?
ソルド時期にいけば、割引してるとの情報。一度お店のぞいてみないとね。
これからも、まだまだいろいろなかわいい素敵なMade in France に出会えるといいな。
[PR]
by eintropfen | 2012-07-06 07:16 | 製品・商品